住まいの購入に必要な頭金は約2割と言われています。これに足りなくてもローンは組めますが返済が大変です。

住まいの購入にかかるお金について
Contents
住まいの購入にかかるお金について

住まいの購入に必要な頭金

あこがれのマイホームをいったい自分はどのくらいの値段のものを購入できるのかということは誰もが知りたいものです。でも、最初に予算を組んでどのくらいの価格帯の住まいを購入できるのかを知ってから家探すをする方は意外と少ないのです。住宅を購入するときには多くの方がローンを組みます。このローンは大手の都市銀行などの金融機関から住宅公庫のような公的金融機関までさまざまなものがありますが、どちらでローンを組むにしても頭金が必要です。

住宅の購入代金を全てローンでまかなえると思われるのは厳しいです。一般的にはローンを組む場合でも住宅の購入代金の約2割は頭金として必要とされている金融機関がとても多いのです。ですから、住宅の購入代金を全てローンでまかなうことはできないのです。最近では希にフルローンで住宅購入ができるという商品もありますが、やはり代金を考慮しないと、購入後の月々の支払いが苦しくなって生活を圧迫してしまうのです。ですからやはり頭金は用意したほうが入居したあとの生活のことを考えてもいいのです。頭金は最低2割ですが、多ければ多いほどその後の返済が楽になります。またボーナス払いを設定されている方がいますが、この不況でボーナスが削減されてしまうことも考えられますのでできれば月々の給与からの支払いをメインにしたほうが良いようです。念願のマイホームですから購入したあとの生活が逼迫したものにならないように資金計画をたてたいものです。

お役立ち情報