高額な住まいを購入する際には住宅ローン控除を上手に利用したいものです。所得税を大幅に減税できます。

住まいの購入にかかるお金について
Contents
住まいの購入にかかるお金について

住まいの購入は住宅ローン控除を利用

住まいを購入するのは一大決心です。大きな住宅ローンを背負い込むことになるので購入を決めるのは本当に緊張してしまうことでしょう。でもこうした高額な住宅を誰もが購入しやすいようにしてもらえる制度があります。これが住宅ローン控除です。住宅ローン控除は最大500万円を10年にわたって所得税から控除してもらえるというものです。500万円ですからかなり大きな助けになるのです。

でもこの住宅ローン控除にはいくつかの制限があります。これらの条件に当てはまらないと控除がされないので注意が必要です。まず、この住宅ローン控除は所得税からの控除で住民税からは控除されません。そして年収にも制限があって年収が3000万円を超えた年にはこの控除を受けることができないので注意が必要です。そして勤務先などから住宅ローンを借入れている場合にはその金利もチェックが必要です。もし年利1%以下で借りているのであればこの住宅ローン控除は受けることができないのです。さらに対象となる家屋の床面積にも制限があり50m2以上の面積がないと適用されません。つまりこの制度は住まい用の家屋にのみ適用されるのです。中古住宅を購入される方の場合にはその築年数も重要になってきます。まず耐火建築物の場合は25年いない、そうでない建築物の場合は20年以内のものでないと控除が受けられません。古すぎる建物は注意が必要になってくるのです。こうしたチェックポイントに気をつけてたくさんローン控除を受けましょう。

お役立ち情報