住まいの購入に必要なチェックポイントは価値の落ちない物件かどうかです。駅からの距離や環境をチェックしましょう。

住まいの購入にかかるお金について
Contents
住まいの購入にかかるお金について

住まいの価値が落ちない物件を購入

住まいを選ぶときについつい目がいってしまうのが住宅の内装や仕様、そしてインテリアなどではないでしょうか。でも、実はこうしたハード面よりももっと大事なチェックポイントがあります。それは環境です。せっかく住まいを購入するのであれば価値の落ちない物件を購入したいものです。それにはなんといっても環境を第一に家を選ぶのがオススメです。そうした価値の落ちない物件は万が一転勤等で住居を売却しようとした時にいい値段で買い手がつくのです。価値の落ちてしまう物件では買い叩かれてしまったり最悪の場合買い手がつかない時もあります。

チェックすべき環境の中でも一番のものは駅からの距離です。駅から徒歩圏内の物件は価値が落ちません。徒歩15分以内の物件がオススメです。これからの人口減少の時代、郊外の駅から離れた住宅は余ってきてしまう可能性があるのです。内容や広さを多少犠牲にしても出来るだけ駅から徒歩圏内の物件を選びましょう。また住宅の環境も大事です。例えば用途地が住居専用だったら最も安心です。商業用地の場合にはとなりに商店などが立って賑やかになってしまう場合があります。いつまでも静かな環境である住宅用土地の物件を選ぶことをおすすめします。このようなチェックポイントを考えて住宅を選べば価値の落ちない一生気持ちよく住み続けられることでしょう。万が一の売却の際にも安心して売却できるみんなが欲しい物件を考えて選ぶことがオススメです。