住まいの購入には本当に多くの費用が必要です。住宅そのものの代金だけではなく必要な諸経費もかなりの額になります。

住まいの購入にかかるお金について
Contents
住まいの購入にかかるお金について

住まいの購入にかかるさまざまな諸経費

住まいを購入するときは一生で一番幸せな時かもしれません。念願のマイホームを持つことができる嬉しさとは別に購入のための費用はプレッシャーとしてのしかかります。それに住宅の購入に必要な資金は購入代金だけではないのです。意外にも住宅購入には諸経費がかなりの額かかります。一説によると住宅の金額の他に5%から10%もの諸経費がかかると言われています。ですから諸経費を甘く見ないできちんと予算に組み込んで行きたいものです。

それで住宅の諸経費にはどのようなものがあるかというと、まず注文住宅の場合には設計料がかかります。これは建売住宅の場合には必要のないものです。税金や登記費用としては印紙税が有名です。これは住宅の売買契約書を交わすときやローンの手続きをする時に作成する契約書に貼るものです。契約書の枚数分だけ印紙税も必要になります。ですからローンの契約を複数の金融機関と契約する場合にはその分必要になってくるのです。また登録免許税、登記費用がかかります。こうした登録登記にも費用がかかります。不動産を取得した場合に支払う不動産取得税もかかってきます。また固定資産税や都市計画税などの税金類にも費用が掛かりこうした税金・登記費用で物件価格の1%から2%もの金額がかかるのです。ローンを借りる際の手数料もあります。融資手数料にローン保証料など、それにローンを利用する際には必ず火災保険に加入しなければいけません。物件価格の他にも余裕を持って資金計画を立てるようにしましょう。